博士後期課程

大学院音楽研究科は1990年4月に修士課程が、1993年に博士後期課程が設置されました。博士後期課程は私立音楽大学としては初めて設置認可となりました。

博士第1号は1998年10月7日に授与され、名実ともに本学の博士後期課程が完成。1999年には本学の創立50周年と大学院博士後期課程の完成を記念した国際シンポジウム「音楽と宗教」が開催され、300人以上が参加しました。

博士後期課程は専門分野における独創的な研究が可能な人材の育成を目指しています。学生の研究対象に応じて、専門的な学識をもつ教員が、領域を異にする教員とともに複数で指導にあたります。1998年以来これまで論文博士を含め、22人の博士(音楽)・博士(音楽学)が誕生しています。ティーチングアシスタントに採用され、学部生の指導にあたることも可能となっています。

博士後期課程

音楽専攻

  1. 音楽学研究領域(作曲・指揮・音楽学・宗教音楽学・音楽教育学)
  2. 声楽研究領域(声楽・宗教声楽)
  3. 器楽研究領域(鍵盤楽器・弦楽器・管打楽器)