〈音楽家の耳〉トレーニング検定試験

〈音楽家の耳〉トレーニングとは?

エリザベト音楽大学が開発した、音楽家にとって必要な耳を育てるためのシステムです。この教育システムは、2007年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に音楽大学として初めて選定され、 高い評価を受けています。音楽家にとって必要な耳を育てるために、視唱、聴音などの楽譜中心のトレーニングだけでなく、(楽譜を見ずに)音楽を聴きながら、リズム、音程、和音、曲の特徴、時代背景などを耳で捉えるためのトレーニングを行います。併せて、楽式論、音楽史などの知識も、順次学習していきます。"耳"を育て、音楽のレパートリーを拡げていくために、古今東西のさまざまな音楽を取りあげながら、トレーニングを行うという特徴をもっています。

〈音楽家の耳〉トレーニング検定試験とは?

検定試験は、日ごろのトレーニングで養った能力を、客観的に確かめ、その後の学習の指針として役立てる目的で行っています。14のグレードに分かれており、音楽を始めたばかりの方から、高度な知識、技能をもっている方まで、幅広く対応しています。
 また、グレード5以上の取得者は本学の入学試験での楽典・ソルフェージュが免除されます。また、本学学生と入学予定者には、グレード取得により、大学での単位が認定される場合があります。
 詳細は、エリザベト音楽大学 大学案内・募集要項(無料、請求はこちらから)をご覧ください。

申込方法

申込書に必要事項を記入し、検定料および82円切手を貼った返信用長3サイズの封筒(住所・氏名を記入のこと)を添えて、現金書留で郵送してください。受験案内・申込書 こちら から請求していただくか、下記を印刷してください。

mimi01.jpg

受験資格

年齢・経験を問わず、音楽を始めたばかりの初歩者から、音楽を専門に指導している上級者まで、どなたでも受験することができます。

各グレードについて

  1. 初歩者グレード 1~2
  2. 初級者から中級者グレード 3~5
  3. 中級者~上級者グレード 6~10
  4. 上級者グレード 11~14

試験内容

各グレードによって試験項目が異なります。詳しくは、受講案内をご覧ください。
また、試験課題の実例については、『新版〈音楽家の耳〉トレーニング』PART 1・2 (近藤譲監修、エリザベト音楽大学編、春秋社)をご覧ください。

認定基準

それぞれの試験内の項目は、0点~3点の4段階で採点されます。すべての項目の点数を合計し、100点満点に換算して、60点以上が合格となります。各試験項目は同じ配点なので、特に上級グレードでは、不得意な項目があっても合格する可能性があります。

認定基準

後日、合否を郵送します。
合否の発表の際には、項目別の得点表もお渡しします。その後の勉強のために役立ててください。

〈音楽家の耳〉トレーニング検定試験実施日

2017年度
実施日受付期間(必着)実施グレード
1 7月30日(日)午前 6月22日(木)~6月29日(木) 1,3,5,6,7,8,9,12
12月17日(日)午前 11月2日(木)~11月9日(木) 2,4,5,6,7,8,10,13
2018年3月10日(土)午前 2018年1月29日(月)~2月5日(月) 1,3,5,6,7,8,11,14
  1. ※各グレードの開始時間は申込書受領後、事務局から連絡します。

検定料

  1. グレード1~4  2,000円
  2. グレード5~6  3,000円
  3. グレード7以上  6,000円
  1. ※上記検定料は税込です。
  2. ※グレード4以上の受験者は、筆記用具を持参してください。
  3. ※エリザベト音楽大学付属音楽園生は検定料が半額になります

お問い合わせ

エリザベト音楽大学 学事部検定試験担当
730-0016 広島市中区幟町4-15
電話:082-225-8015
Fax:082-221-0947
MAIL:exam01@eum.ac.jp