初年度奨学生入学試験
(音楽文化学科AO特別選抜入学試験)

2018(H.30)年度
初年度奨学生入学試験(音楽文化学科AO特別選抜入学試験)

音楽文化学科の各専修が求める高い能力と資質を持つ志願者に対する、初年度奨学金付きの特別選抜入学試験です。
入学試験結果により、一定基準以上の特別な才能のある者と判断された場合には、1年間の学費が全額免除(入学金を除く)となります。この学費全額免除の奨学制度で合格した場合は、本学専願として、他大学を受験することができません。この成績に次ぐ優秀者に対しては、授業料と施設維持費が半額となります。この場合は、併願者として、他大学を受験することが可能です。さらに試験結果によっては、奨学金が与えられませんが入学を許可する場合があります。
本学のすべての奨学金は、学業・品行ともに優秀な者に与えられています。

出願基準

  1. 2018(H.30)年3月31日現在20歳未満の者。

出願期間

<第1回> 2017(H.29)年10月2日(月)~10月13日(金)必着

<第2回> 2018(H.30)年2月19日(月)~3月2日(金)必着

出願書類および入学検定料

  1. 入学志願票
  2. 写真(2枚)
  3. 活動報告書
  4. 出身学校調査書または高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)合格成績証明書
  5. 入学検定料:40,000円(消費税非課税)

    ※郵便(普通)為替証書(何も記入しないこと)にて出願書類と共に送付してください。

  6. 実用英語検定、TOEIC、TOEFL、GTEC for STUDENTS、TEAPの成績証明書

    ※取得している級/スコアを利用する志願者のみ。証明書類は原本のみ有効で、コピーは不可、後日返却します。

  7. 「私・短」平成30年度センター試験成績請求票 私立大学・公私立短期大学用

    ※大学入試センター試験の成績を利用する志願者のみ。

  8. 「受験票」返送用封筒

試験期日

<第1回> 2017(H.29)年11月1日(水)・11月2日(木)

<第2回> 2018(H.30)年3月14日(水)・3月15日(木)

試験科目

  1. AO面接
  2. 専門科目・実技:課題は下記を参照
  3. 学長面接(試験当日)

<音楽文化学科>

音楽文化専修

次のA~Cのタイプのいずれかを受験してください。

1年次から「作曲研究」(1時間の作曲実技個人指導)の履修を希望する場合は「Aタイプ」を、1年次から「デジタル鍵盤楽器奏法研究」(1時間のデジタル鍵盤楽器実技個人指導)の履修を希望する場合は「Bタイプ」を受験してください。

Aタイプ(作曲)

次の(1)~(3)を受験。

  1. 和声課題 ソプラノまたはバス課題(試験時間:120分)
  2. 作品提出 自作品1曲ないし2曲(編曲は自由)の譜面のコピーを出願書類を共に提出してください。(提出作品は返却しません。)
  3. 口頭試問 上記の(2)について質問します。
Bタイプ[デジタル鍵盤楽器(電子オルガン)]

次の(1)および(2)を受験。

  1. 以下のア~ウのすべてをそれぞれ1曲以上含んだ、20分以上のプログラム演奏。(暗譜)

    ア:自作曲

    イ:自編曲

    ウ:自由曲

    ※プログラムの中にオーケストラ的な作品を含むこと。

    上記の諸条件を満たしていない場合、受験ができない場合があります。

  2. モチーフ即興

    与えられたモチーフによる即興。3つの課題より1つを選択し、5分以内の作品にまとめる。予見(10分)あり(メモを取ることはできません)。

    ※試験に使用する機種はヤマハ・エレクトーン(ELS-02CまたはELS-02X ※ELS-01CまたはELS-01Xでも可)です。「曲目記入票」の使用機種欄にある機種名にチェックを入れてください。

Cタイプ(音楽研究領域、音楽教育領域、音楽コミュニケーションデザイン領域)

次の(1)~(4)を受験。

  1. 英語

    下記の1)、2)のいずれかの提出

    1) 次の英語に関する資格・スコアのいずれか:

    実用英語技能検定 準2級以上、TOEIC 400点以上、TOEFL iBT 40点以上(PBT 433点以上)、GTEC for STUDENTS(L&R&W) 450点以上、TEAP(Reading+Listening) 90点以上

    2) 2018(H.30)年度大学入試センター試験「外国語(英語〔リスニング含む〕)」の得点(第2回初年度奨学生入学試験のみ)

  2. 小論文

    音楽文化に関する課題を試験場で提示します。(字数:1,000字程度、試験時間70分)

  3. 実技

    器楽または声楽の自由曲を暗譜で演奏。声楽曲は原語で歌うこと。(演奏時間:5分程度)

    ※器楽曲は伴奏なしで演奏。声楽曲の場合、伴奏が必要であれば楽譜を事前に提出すること。伴奏者は本学で準備します。
    ※2曲以上の組み合わせも可。

  4. 口頭試問

    上記の(1)~(3)について、および入学後に研究したい内容などについて質問します。

幼児音楽教育専修

以下の(1)~(4)を受験。なお、選考においては、これらの試験結果に加えて出身学校調査書も重視します。

  1. 英語

    下記の1)、2)のいずれかの提出

    1) 次の英語に関する資格・スコアのいずれか:

    実用英語技能検定 準2級以上、TOEIC 400点以上、TOEFL iBT 40点以上(PBT 433点以上)、GTEC for STUDENTS 450点以上、TEAP(Reading+Listening) 90点以上

    2) 2018(H.30)年度大学入試センター試験「外国語(英語〔リスニング含む〕)」の得点(第2回初年度奨学生入学試験のみ)

  2. 小論文

    現代文(子どもに関する内容)の読解と論述。(字数:1,000字程度、試験時間70分)

  3. 実技

    次のア~ウの実技を受験。

    ア:ピアノ

    古典派のソナタと同程度以上の任意の1曲を演奏してください(演奏時間:5分程度)

    ※繰り返しなしで演奏、楽譜の使用は任意。

    イ:うた

    次のa)、b)の合計2曲を演奏してください。楽譜の使用は任意。

    a)『コンコーネ50番』の4、5、11、13、16番のうちから、任意の1曲をうたってください。

    ※母音唱、あるいは、ma、la等子音を加えても良い。
    ※伴奏者は本学で準備します。

    b) 次の5曲のうちから1曲選択し、任意のキー(調)で、伴奏なしでうたってください。

    ※幼児に“語りかけるような”うたい方でうたってください。

    1.鶴見正夫作詞、湯山昭作曲「あめふりくまのこ」…3番まで
    2.新沢としひこ作詞、中川ひろたか作曲「にじ」…3番まで
    3.わらべうた「とおりゃんせ」
    4.まどみちお作詞、團伊玖磨作曲「やぎさんゆうびん」…2番まで
    6.まどみちお作詞、大中恩作曲「ドロップスのうた」…2番まで

    ウ:リズム初見

    試験当日提示されるリズム譜(8小節、1曲)を、手をつかって演奏(リズム打ち)してください。

    ※試験前に別室で、課題のリズム譜を予見する時間を3分間与えます。

  4. 口頭試問

    上記の(2)と(3)について質問します。

合格発表および発表方法

<第1回> 2017(H.29)年11月9日(木)発送

合格者には合格通知書および入学に必要な書類を発送します。
電話による問い合わせには応じません。

<第2回> 2018(H.30)年3月16日(金)16:00に本学正面玄関ロビーにおいて掲示予定です。

合格者には合格通知書および入学手続に必要な書類を交付しますので、必ず「受験票」を持参してください。
なお、当日来学できない場合は郵送しますので、必ず事前に申し出てください。

入学手続締切日

<第1回> 2017(H.29)年11月17日(金)
<第2回> 2018(H.30)年3月23日(金)

上記期日までに手続を完了しない場合は、入学の意志がないものとして入学を取り消しますので注意してください。